「DC63TH」の基本情報と価格推移グラフ

DC63TH 43736 円
(2017-06-29)
Amazon レビュー
DYSON 楽天 レビュー
サテンフューシャ/ブルー(DC63TH SFB)
フィルターレスサイクロン
DC63 タービンヘッド
2ティアラジアルサイクロン

「DC63TH」の価格推移グラフ



詳細データ [DC63TH]

吸引仕事率(W) 消費電力(W) 運転音(dB) 本体/総量(kg)

160AW

1150

未公表

2.75/4.84

幅×奥行×高さ(mm) 集塵容量(L) 省エネ機能 ゴミ圧縮

193×361×253

0.5

集塵方式

フィルターレスサイクロン

ダストカップ上のプリーツフィルターがないタイプのサイクロン方式。
複数の小型の円筒部分で二段階の旋回分離するので、小さなゴミも高い確率で分離するので、 ダストボックス上のフィルターで小さなゴミの捕塵をする必要がなくなるため、 フィルターメンテナンスの手間を省きと吸引力の低下も防ぎます。

フィルターレスサイクロンは構造上パワーが削がれる傾向があるため、吸引力が弱くなってしまう場合が多いのですが、 ダイソンはヘッドと床との密着度を上げて真空度合い高めているのでゴミの吸引性能が高く、いわゆる「吸引仕事率」では計測できない 高い清掃能力を持っています。

2ティアラジアルサイクロン

2段階2層構造のサイクロンクリーナー。 ダストカップ内で500Gの強力な遠心力で大きなゴミを分離し、 気流経路を通過した小さなゴミは2層の24個の小さな気筒で 再度遠心分離されます。

サイクロン部のみで0.54μmのゴミを99.8%分離という脅威的な分離率を 誇ります。小さなゴミのほとんどはサイクロン部分で分離されて 内部フィルターまで届きません。つまりフィルターの目詰まりが ほとんどありません。

ヘッド性能

カーボンファイバーブラシ搭載タービンヘッド

吸引する風の力でブラシを回転させるタイプのヘッドです。 タービンモデルは価格はダウンしますが、クリーナーの構造上 タービンヘッドではダイソンの吸引力の真価発揮されにくいと思います。

フィルター&性能

プレモーターフィルター

遠心分離部付近に設置されているプレフィルター。 ゴミの遠心分離に関しては業界随一の性能を誇っているので ほとんどこのフィルターに汚れはつきませんが、公式では 月に1度の頻度で水洗いを推奨しています。 繰り返し洗浄可能。

ポストモーターフィルター

洗浄、交換不要のHEPA規格の内部フィルター。

固有機能

デジタルモーターV4

高速ハイパワーモーターにより、高い吸引力を維持しながら 小型軽量化に成功。ただし消費電力は高い。

カーボンファイバー

軽くて丈夫なカーボン素材を使用したモデル。

Ballテクノロジー

形状をボール型にすることにより、小回りが利き、障害物をよけやすく 方向転換がしやすく、操作がスムーズになります。また、重心が低く安定感があるので転倒も低減させます。 ヘッドとの接合部にも使用される場合もあります。

ノイズリダクションエンジニアリング

空気経路や吸音材、3段構造のディフューザーなどの改良により 運転音が低減。ただし、肝心の運転音の数値(dB)は非公表。

付属品

コンビネーションノズル

用途によってブラシとノズルを使い分けられるツールです。

ダイソン公式サイト



このページのTOPへ戻る