「CV-SA700」の基本情報と価格推移グラフ

CV-SA700 38000 円
(2017-05-27)
Amazon レビュー
HITACHI 楽天 レビュー
ディープレッド(CV-SA700-R)
ディープシャンパン(CV-SA700-N)
パワーブーストサイクロン

「CV-SA700」の価格推移グラフ



詳細データ [CV-SA700]

吸引仕事率(W) 消費電力(W) 運転音(dB) 本体/総量(kg)

420~約50

950~約190

54~約49

3.6/5.1

幅×奥行×高さ(mm) 集塵容量(L) 省エネ機能 ゴミ圧縮

240×336×290

0.4

集塵方式

パワーブーストサイクロン

サイクロン部分の入り口で風の吸入を加速させて、 ゴミの遠心分離を強化するというものです。

パワーブーストと言っても遠心分離部分が1段階のみのサイクロンなので、 小さなゴミは完全に分離できずそれらの捕塵はフィルターに依存しています。そのため定期的なフィルターの掃除が必要です。 日立製はダストカップ内の筒型の網目が他に比べて細かいのでゴミが通過しにくいのは救いです。

ヘッド性能

4方向吸引スマートヘッド

自走モーター搭載ヘッド。 サイドに取り付けてあるブレードで床との間を空けているため、前後左右の4方向からゴミを吸い取ることが出来る多機能ヘッドです。 日立こだわりのカーボンファイバー強化プラスチックでなので丈夫で軽いのも特徴です。

ヘッド直下の吸引力は分散するものの、使用感は軽い。 幅が30cmの幅広のヘッドなので、いっきに広範囲を吸引できます。

自走モーター式

自走機能を搭載した電動モーターでブラシを回転させるタイプのヘッド。 軽々ヘッドが進みます。

クルッとヘッド

ヘッドが左右90度に曲がる仕様。

ペタリンコ構造

高さ8cm以上のすき間ならば延長管、ホースを床にくっつけてもヘッド部分が床から浮かない仕様。

からまん機構

糸くずや髪の毛などが回転ブラシにからみにくくする機能。

きわピタスイングシャッター

ヘッド前面がスライドして壁際のゴミを取る機能。

床の菌の除去(かる拭きブラシ)

特殊な繊維の回転ブラシを使用することで、床の菌まで拭き取ります。

フィルター&性能

クリーンフィルター

主にアレル物質、ハウスダストを捕塵するプリーツフィルター。

アレルオフフィルター

人工酵素を塗布されたアレル物質を抑制する性能を持つフィルター。

高集じんフィルター

高い集塵性能をもつ内部フィルター。

一般フィルター

特別な捕塵性能がない一般的なフィルター。

固有機能

フィルターお手入れ機構(手動式)

フィルター掃除レバーを回してフィルターに付着したチリを落とすもの。 日立製は他社製品のフィルターを弾いて落とすタイプとは違い、レバーを上下させた振動のみでチリを落とすタイプなので、 チリ落とし機能としてはやや非力な印象。

ごみダッシュ

気流の力でゴミを圧しつけて、内筒で押し出す圧縮方式。 底ふたからゴミを落とす仕様。

サッとズームパイプ

ヘッドを足で押さえて手元のトリガーを引きながら延長管の長さを調節することが出来る便利な機能。

かるワザグリップ

グリップ上面がストレートになっているクローズドハンドル。

サッと収納

グリップ部分を取り外して、パイプに引っ掛けるだけで収納できる機能。

本体、手元ねじれんホース

ホースと手元ハンドル、本体の接合部分が回転可能な構造なので、ねじれを防止し本体の転倒を防ぎます。 特殊な素材で作られたホースは軽くてしなやかに動くので家具に引っかかりにくい。

静電気防止素材ダストケース

静電気を抑える素材を使用することでゴミが張りつきにくい仕様。

ecoこれっきり運転

センサーが床のタイプに応じて自動でパワーを制御する省エネ機能。

[弱][中][強]自動切換え

「ecoこれっきり運転」でのパワーコントロールを[弱][中][強]の三段階オートで切換えして消費電力を抑えます。

アイドリング&ストップ機能

ヘッドを浮かし続けると自動で運転を停止する機能。

上方排気

上方に排気することで、床面のホコリを舞い上げないようにする機能。

付属品

ワイド曲が~るロング吸口

ヘッドを回転させることが出来るロングタイプの吸引ノズル。 タンスの上など高い場所を掃除するときに活躍できるアタッチメントです。

クルッとブラシ

先端にブラシが付いている吸引口。

サッとハンドル

ホースの根元部分に取り付ける小さめの取っ手。狭い場所での持ち運び等に使用。

お手入れブラシ

フィルターの掃除やダストカップの細かいゴミを取り払うためのブラシ。

すき間用吸口

すき間を掃除するための細いノズル。

別売り吸口接続用アタッチメント

別売り用のアタッチメントを使用するときにこれを使って接続させます。

日立公式サイト



このページのTOPへ戻る