「CL102DW」の基本情報と価格推移グラフ

CL102DW 13350 円
(2017-10-21)
Amazon レビュー
MAKITA 楽天 レビュー
アイボリー(CL102DW)
マキタ 充電式クリーナー(CL102DW)
紙パック/ダストバッグ式

「CL102DW」の価格推移グラフ



詳細データ [CL102DW]

吸引仕事率 (W) 運転可能時間 バッテリー/充電 本体/総量(kg)

14 W

約21分[標準]
約13分[強]

リチウムイオン
(BL1013)
充電 「約 0.83時間
(50分)」

1.0

幅×奥行×高さ(mm) 集塵容量(L) 運転音(dB) ゴミ圧縮

113×984×150

0.5(ダストバッグ)
0.33(紙パック)

集塵方式

マキタ 充電式クリーナー

マキタ製コードレスクリーナー。延長管パイプを取り外せばハンディタイプとしても使用可能。 ボタンのON/OFFで稼働するスイッチ式で、 強(high)/標準(low)の風量の切替が可能。

同シリーズに(CL102DZ)というものがあり、これはバッテリーなしの本体のみのモデルです。

紙パック/ダストバッグ式

繰り返し使える「ダストバッグ」と便利な「紙パック式」を選択できる集塵方式です。 「ダストバッグ」は洗浄すれば何度も使用できるので経済的ですし、「紙パック式」はコストがかかるものの、手間がかかりません。 紙パック ⇒ 型番:A-48511

ヘッド性能

ノーマルヘッド

回転ブラシが付いていない吸入口のみのヘッドです。 床用タイプと称される場合もあります。建築物のゴミなど吸引するには ブラシ付きではないほうが効率が良い場合もあります。

ヘッドが床から浮かない構造

付属しているT型のヘッドは床に密着させても浮かない構造なので、ソファーなどの狭い隙間でも 奥まで吸引可能。地味なれど重要な機能です。

ローラー

操作性向上のための機能。ヘッド下部にローラーを搭載しているので、取り回しがスムーズになります。

ゴミ詰まり軽減

ヘッドの吸入口がシンプルなので、ゴミ詰まりを起こしにくい構造。

斜めカット吸入口

読んで字のごとしなのですが、本体の吸入口が斜めにカットされています。 一見すると地味な計らいですが、実はこれは使いやすい仕様で、手の角度に馴染みます。 斜めカットですが、パイプがすっぽ抜けにくい構造になっているのも地味だけどGOOD!

フィルター&性能

スポンジフィルタ

ダストバッグ収納部の奥に設置するスポンジ型のフィルター。

固有機能

サッシノズルホルダ

付属品のサッシノズルを収納できるホルダ。パイプ中腹あたりにあります。

フック

壁掛け用のフックです。

セパレート充電

電池を取り外して充電可能。マキタ製品のリチウムイオンバッテリーは規格が合えば他のマキタ製品 と兼用することも可能です。

バッテリ切れお知らせサイン

バッテリー残量が減るとランプが赤く点灯して知らせてくれる機能です。

ゴミストッパ

ゴミの漏れ、こぼれ落ちを防ぐためのもの。

付属品

サッシノズル

細い隙間等を掃除するときに使用するノズルです。

バッテリー充電器(DC10WA)

クリーナー専用バッテリーを充電させるものです。(DC10WA)

ダストバッグ×1

繰り返し使用できるダストバッグ。価格も200円前後と安い。
対応品⇒型番:A-43957

抗菌紙パック×10

小型の紙パック10枚セット。価格は800円前後。
対応品⇒型番:A-48511

マキタ公式サイト



このページのTOPへ戻る