「CL141FDRFW」の基本情報と価格推移グラフ

CL141FDRFW 23035 円
(2017-10-21)
Amazon レビュー
MAKITA 楽天 レビュー
ホワイト(CL141FDRFW)
マキタ 充電式クリーナー(CL141FDRFW)
カプセル式

「CL141FDRFW」の価格推移グラフ



詳細データ [CL141FDRFW]

吸引仕事率 (W) 運転可能時間 バッテリー/充電 本体/総量(kg)

25 W

約40分[標準]
約20分[強]

リチウムイオン
(BL1430)
充電 「約 0.37時間
(22分)」

1.3

幅×奥行×高さ(mm) 集塵容量(L) 運転音(dB) ゴミ圧縮

114×981×152

0.65
-

集塵方式

マキタ 充電式クリーナー

マキタ製コードレスクリーナー。 ハイスペックなリチウムイオン電池(BL1430)を搭載しているため、 CL100Dシリーズなどから比較すると2倍近くの吸引力があります。

延長管パイプを取り外せばハンディタイプとしても使用可能。 ボタンスイッチで連続運転し、 強(high)/標準(low)の風量の切替が可能。

同シリーズに(CL141FDZW)というものがあり、これはバッテリーなしの本体のみのモデルです。

カプセル式

紙パックを使わないタイプの集塵方式。吸引したゴミはダストカプセルに溜め込まれます。 フィルターが詰まると吸引力が低下するので、一定頻度のフィルター掃除は必要だと思います。

ヘッド性能

ノーマルヘッド

回転ブラシが付いていない吸入口のみのヘッドです。 床用タイプと称される場合もあります。建築物のゴミなど吸引するには ブラシ付きではないほうが効率が良い場合もあります。

ヘッドが床から浮かない構造

付属しているT型のヘッドは床に密着させても浮かない構造なので、ソファーなどの狭い隙間でも 奥まで吸引可能。地味なれど重要な機能です。

ローラー

操作性向上のための機能。ヘッド下部にローラーを搭載しているので、取り回しがスムーズになります。

ゴミ詰まり軽減

ヘッドの吸入口がシンプルなので、ゴミ詰まりを起こしにくい構造。

斜めカット吸入口

読んで字のごとしなのですが、本体の吸入口が斜めにカットされています。 一見すると地味な計らいですが、実はこれは使いやすい仕様で、手の角度に馴染みます。 斜めカットですが、パイプがすっぽ抜けにくい構造になっているのも地味だけどGOOD!

フィルター&性能

フィルタ

サイクロン掃除機に使用されるようなプリーツフィルターとは異なり、消耗品のパックフィルタ。 10枚で800円程度。
型番:A-50728

プレフィルタ

筒形のフィルターです。

固有機能

LEDライト

手元ハンドル上部分にLEDライトが搭載されています。 暗い場所でのクリーニングに重宝します。

セパレート充電

電池を取り外して充電可能。マキタ製品のリチウムイオンバッテリーは規格が合えば他のマキタ製品 と兼用することも可能です。

サッシノズルホルダ

付属品のサッシノズルを収納できるホルダ。パイプ中腹あたりにあります。

ハンドストラップ

市販のつりがね等に引っ掛けておくことも出来るハンドストラップです。

付属品

サッシノズル

細い隙間等を掃除するときに使用するノズルです。

バッテリー充電器(DC18RC)

クリーナー専用バッテリーを充電させるものです。マキタ製品は 元々急速充電が可能ですが、付属バッテリーの充電時間はわずか 22分程度。

マキタ公式サイト



このページのTOPへ戻る